読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Real Girl from Wheatus on Vimeo.



本物の女の子に出会ってからもう随分長い時が過ぎた
おれの秘密を全て話してしまいたいというその人に出会ってから。
おれは完璧だったことなんてないし、これからもそうだろうと思う
でもおれはおれを元に戻したいし、もしもあなたが傍にいるときのためにここに留まっていたい


踊る恋人たち、完璧に魂と魂が結ばれた恋人たち
あの人たちは一体どうやってお互いのことを見つけ出したんだろう。
おれは知っている。あなたがおれのことを知っているって
だからおれが死ぬときは、おれは笑って死ぬことができる
もしも知っていたなら、あなたが欲した全てがおれだったんだと。本物の女の子。


あなたがくるくると廻る様を夢見てた。おれは都会を愛してた。
田舎の暗がりからあなたのことを見ていた
遠くから、名も知らぬようなところから、
おれはただの子供だったけれど、あなたはスーパー・ヒーローだった
あなたの魂を狩ろうとしたエメラルドの塔にいる悪人たちにとって、あなたは賢すぎたんだ


あなたは完璧な色だった、輝く緑色の女性
彼らがこれを耳にしたら、彼らはおれの気が狂ったのだと知るだろう
けれどもおれの全てはあなたに狂っているんだ
だからおれが死ぬときは、おれは笑って死ぬことができる
もしも知っていたなら、あなたが欲した全てがおれだったんだと。本物の女の子。


おれが犯した全ての過ちによって、彼らはおれが憎まれるような夢に溢れた物語を綴る
目覚めたときに、独身なのだという現実がおれに浴びせられたときみたいな
鏡の中からあなたがやってきてくれないなら、おれは鏡に、あなたに「おれが間違ってるって証明してくれ」と呼びかける
おれたちが離れ離れになってしまうその時、宇宙の全てはあなたのものか、おれのものになるんだ


だけどもう、本物の女の子に出会ってから随分長い時が過ぎた
おれの秘密を全て話してしまいたいというその人に出会ってから




(グリンダ×エルファバな百合の歌かと思ったらなんかどうも違うっぽい歌。しかし色んなものをエルファバに託した歌なんだろうってのは確か。

好きですウィータス。)