読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Saves The Day

窓 眩しい光が僕の目を貫いて掻き回して赤い風船みたいに破裂させて随分前の君のことを思い出させる
屋根の孔から入り込んだ風はユリの香りがする君の匂いを運んできて僕にできるのはもう君を思い出すってことだけ
最後っていつだったっけ
ちゃんと一晩中君を抱きしめていられた?
まるで永遠 もう待ちたくない
君を見つけることは君を失うことってどうしてなんだ
教えてよ
最後っていつだった 君のことちゃんと一晩中抱きしめていられた?
辛い思いをしたくないってその言葉がナイフみたいに僕の心を抉る
永遠って気分だ
もう待ちたくない 見つけることが失うことなんて嫌だ ねえ
どうしてなのかな
あと一晩だけでいい
僕はきっと君が本当はどんな人なのか知ることができないんだ
教えてよ
最後っていつだった 僕はちゃんと君を一晩中抱いていられた?
もう苦しみたくないって ナイフみたいに
僕の心を抉って
僕はちゃんと 君のこと
一晩中抱いていられたのかな
辛い思いは嫌って ナイフみたいに 僕のこと
必要なんだよ
僕の光になってくれ
明日じゃ遅すぎる 
今だ
君が必要のは

好きな人だとか付き合ってる人だとかっていうか生きてて君って言った事ないから僕もねえよしかし俺よりは僕だろう違和感あるがなんだかなーイントロアウトロが最高にかっこえーと思うトゥモロウトゥーレイトささっと訳 読み返してうへーっと思うのだが