定価で買って1度しか読まないコミックなり小説に対するなんとも言えない感情に対する的確な比喩を見つけたので書いとく。あれだ。お祭りの屋台っぽい。飯タイプの。