この世に来週があることを感謝する来週鈴木先生の続きがあることを感謝する。
なんと素晴らしい。