読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

防水携帯のくせして水没扱いになった可愛い携帯がとあるサービスを利用して総取っ替えになって戻って来たのはつい先日のことでなんかもう音楽これでしか聴いてないので携帯電話というかMP3というか16ギガのWMAプレイヤーと化したこの携帯をいつものようにほむほむとパソコンにぶっ指してみると受け付けずあれっておおそうかあれかドライバもまた略。中略。まあ1000曲分吹っ飛んだというかフォーマットしないと駄目っすよと言われ潔くフォーマットしてその後息をするか飯を食うか寝るかって感じに音楽を聴くのでうあーと何か何か入れなければ死ぬとしかし既に所有してるのを入れるのもなんか芸が無いつまらないといい機会だしどうせなら全然聴いたことないやつを何かと思うのは自明ってか俺の中では自然てかアマゾンとかアップルとかツタヤとかでこうってので橙と世界が終わる夜にと恋愛スピリッツだけかなり前に聴いたことがあったチャットモンチーの一番新しいのを衝動的にというかなんとなく手に入れたのはあったんですが今日の昼間昼休みにですねそれをこう聴いてみようと聴いてみてたらふと再生した"拳銃"って曲に口から魂が抜けたという日記。なにこれ。上の3曲みたいなの無いのなーてザッピングしてたらこれっすよ。たまんねー。超かっけーかっけーどころではない。でさっきライブを見つけたので以下。かっこいいチャットモンチーかっこいい。こんなかっこよかったのか、とその後他のライブとか見て遡って全部かっこよくてしばらくの間魂消えた。回復したので日記。数々の殿堂入り好きなバンド瞬間的にすっ飛ばして今現在チャットモンチーが好き好きトップ。いやすげえまじかっけえ。すごいすごい。あと数年越しに聴いたらって拳銃ですがこんな良い歌詞書くバンドだったのかっていやすいませんすいませんごめんなさいこの曲の一個前の少年のジャンプって曲もまじいい歌詞だと思う拳銃もまた。ボーカルが暴力的すぎなんだと思う。強すぎる、聴き流せないから良かれ悪しかれちゃんと聴いちゃうし感情が動かされる。すげえボーカルだなチャットモンチー。今さら。あと凄すぎるボーカルに隠れる、隠れるってのもおかしな話だが聾な俺だけに隠れたギターやベースにドラムも好き。好きってのはこの場合それだけを分離して聴いても好きって意味でまた、あえて頑張って無視しないと無視できない存在感が異様なボーカルからあえて離れてって意味で。オクターブ奏法っていうんだっけこういうの。やると確かめちゃ疲れる。あと何気にこれだったか別の曲だったか二弦弾きというか和音とか多用してんのねベース。昔ベース弾けたからそういうのは分かる。ベース凄い。気合入ってる。バッキバキ。あと個人的好みでギターの音色すんごい好きだチャットモンチー。例えば例えばyoutubeで視聴できる恋愛スピリッツのライブのアウトロとかめっちゃ好きだがシューゲイザーってやつだろあれ。いやまあとにかく俺のチャットモンチーに対するイメージをすんげえ引っくり返したクソかっこいい曲のクソかっこいいライブを下に。

あとこの人の意見は参考になる!趣味が被る!ってWEB上の音楽ブロガーさん達が総じて絶賛してて気になってたディルアングレイのウロボロスってアルバムを入手した。ディルアングレイ、今回これでマジ初聴な名前は知ってましたバンドでdeftonesとツアーしてたよねって認識。しかしあれっすね。いいです。これはいい。あれはいい。かっこいい。チャットモンチー聴いてるからあんままだ聴いてないが一聴して連想したバンドはkamomekamome。ぐねぐねでコピーすんの明らかにめんどくさいでもこの曲まだ楽なほうなんだろうツインなギターがグイグイ突貫するところから連想したんだと思う。kamomekamome好きなのでスっとバンドごと好きになれた。ボーカル入れ替えても違和感無いと思うというか面白いからやってみてだがしかしなんて読むんだこの曲ってのは蜷局、調べたトグロって曲だけを今んとこすげー聴いてる。いやほんとこればっかリピートしてる。この曲のギター全然飽きない。超かっけえ。あとDIR EN GREYのウロボロス好きな人はkamomekamomeも好きだと思いますよ。俺がそうですよ。だからですよ。
追記
この数日間あまりにも上で貼った動画を見すぎて2分19秒20秒21秒のときのこのギタボの子のおっぱいはどうなっているのかというところに想いを馳せるレベルに到達した。到達した。こんだけ弾きまくってりゃ残り全時間だって細かく細かくおっぱいは震えているだろうと更にこの動画をヘビーにリピート。見えないものを見る、あるいは、語らないが映像で語られるものを眼で聞く、そういうのの信奉者な俺はTシャツの下とかで語られるもの略なのは余裕。汗とか匂いとかも余裕。できる。全部が全部もしかしたらいやもしかしたらじゃない味覚すら他全ての感覚を視覚に更に想像力の下に従属させることが俺にはできるからできる。どこを舐めたって味は違う。