こう書いてるからそう思ってたに違いないとは言えないと言われたことを思い出して懐かしい。じゃあじゃあ唯一正しいと言えるのはそんときそれを書いたということだけ、それを書こうとした書いた意思だけ、と話というか俺は目を輝かせて明後日の方向に。