読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スリーデイズ [DVD]

スリーデイズ [DVD]


そういえば見た、というなんか多いんだよな見たこと書こうとしないと片端からこう。よくないよねーおれは個人的にやだ。しかし休日にまあ見て翌日から仕事で帰ってきて酒飲んで、とやってると全く何か書く感じにはならずそれはなんだろうアウトプットしないってのはインプットしてんのに入ってきてないってことなのかどうなのかなんなのかいや今も飲んでますけどね酒。飲まないと書けないのかいやそんなこともなく。ラッセル・クロウといえばみたいな。それなりに彼の映画見てますがなんかもうはっきりと

「別に色男にゃ見えねーな」涼月――興味なさそうに背を向け煙草をくわえる。「くたびれたラッセル・クロウって感じだ」
「何の文句がある」陽炎−−生真面目。「まさに色男だ」


冲方丁オイレンシュピーゲル弐 FRAGILE!!/壊れもの注意!!』,角川書店,2007,P.51

が浮かんでしまうので浮かんでしまいますね。でもこの映画でおれが一番好きなのは子ども2人のシーン全部っす。バルコニーで足ぶらぶらとかアイスクリームのディスプレイものほしげ、とか。ポール・ハギスの名前がおれにこれ借りさせた原動力のでかいひとつでしたがポール・ハギスと言われても、って感じでもあった。ああ後半、俺は誰が何と言おうとお前の無実信じてる、と言う目つきがやばいラッセル・クロウはとても色男だった。これだっていう。