牧野修 『楽園の知恵 あるいはヒステリーの歴史』 の、"逃げゆく物語の話"